シミトリー(SimiTRY)はたるみにも効果はある?

シミトリーのたるみ効果について

40代、50代になると気になるのが肌のたるみですよね。

 

鏡を見た時にくっきりとうつるほうれい線を見ると、自分老けたなあ…と思わずにはいられません。

 

たるみがあるか、ないかはその人の印象を変える大きな要因になります。

 

なんとたるみがあると10歳老けて見えてしまうんだとか…

 

いつまでも若々しくいたい女性にとって、目に見えるたるみは死活問題です。

 

シミトリーは加齢によるシミやシワに効果的なホワイトニングジェルですが、たるみへの効果は期待できるでしょうか?

 

シミ、シワ、たるみも一緒にケアしてくれたらそれに越したことはないですよね。

 

そこでシミトリーのたるみ効果について調べてみました。

そもそもたるみができる原因は?

肌弾力の低下

たるみ 原因

当たり前のことですが、肌の弾力が劣るとたるみができます。

 

肌の真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンによって肌の弾力は保たれていますが、これらの成分が年齢とともに減少、変性してしまうとたるみが生じてきます。

 

真皮層の弾力がなくなる原因として紫外線や角質層の乾燥、加齢といった理由が挙げられます。

 

表情筋と深層筋の衰え

たるみ 原因

表情筋はその名のとおり表情を作る筋肉で皮膚のすぐ下にある筋肉です。

 

一方深層筋は表情筋の下にあり骨とくっついて表情筋を支える働きをしています。

 

表情筋が衰えたり、深層筋が衰えると皮膚を支えられなくなり、たるみの原因となります。

 

その他姿勢もたるみの原因になると言われています。

シミトリーのたるみへの効果は?

美容液でできるたるみ予防は「肌弾力の低下を防ぐ」ことです。

 

肌弾力が低下する原因は紫外線角質層の乾燥生活習慣が原因です。

 

特に角質層の水分保持力が低下すると真皮層の水分を十分に保つことができなくなります。

 

シミトリーは角質層の奥まで保湿成分が浸透するラメラ球状構造を採用しているので、角質層の保湿に関しては他の化粧品よりもより勝るコスメです。

 

角質層の表面しか保湿ができないコスメよりも真皮層の近くの角質層の奥まで保湿ができるほうが肌の保水力がいいのは言うまでもありませんよね。

 

たるみの原因となる肌の角質層の乾燥を防ぐという点でシミトリーはたるみ予防に効果を発揮してくれると言えそうです。

 

もちろんシミトリー1つで完全にたるみ予防ができるわけではなく、紫外線対策や生活習慣の見直しも必要です。

 

特に肌細胞の代謝が活発になる夜の時間帯に睡眠時間が取れなかったり、、食生活のバランスが悪いと肌の弾力を支えている繊維芽細胞に十分な栄養が行き渡らず肌のハリが失われてしまいます。

 

化粧品はもちろん、生活習慣を見直すとよりたるみケアができるので、シミトリーを使いながらしっかりとたるみ予防を行ってくださいね。

 

 

↓↓公式サイトはこちら↓↓

薬用シミトリー

 

TOPページ:シミトリーの口コミ・効果はこちら>>