シミトリー(SimiTRY)の成分について

シミトリーの全成分

シミトリーを含めた美白化粧品を購入する時は配合成分が気になりますよね。

 

どんな美白成分が配合されているのか、また安全性は大丈夫なのかチェックすることは非常に重要です。

 

ただ単に美白効果が高いといっても、以前化粧品を使って白斑が出てしまった女性のように、自分が求めているのとは異なる美白効果が得られても意味がありません。

 

自分が求めているのは自分の生まれ持った自然な肌色の中で、シミを薄くさせること。

 

そこでシミトリーは安心して使用できる美白化粧品なのか、全成分をチェックしてみました。

【有効成分】アルブチン 【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−O−エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

シミトリーの有効成分はアルブチンです。アルブチンはハイドロキノン誘導体ともいわれ、ハイドロキノンの安全性と安定性を高めたものがアルブチンです。

 

美白といえばハイドロキノンといった傾向もありましたが、ハイドロキノンは漂白する成分。

 

即効性が期待できる代わりに刺激が強すぎて、逆に肌荒れを起こす女性も後を絶ちません。

 

一方、アルブチンは即効性はないものの、低刺激でハイドロキノンのように副作用の心配をする必要がない美白成分です。

 

継続して使い続ける必要がありますが、ハイドロキノンよりも安全性が高いので肌が弱い方でも使用できるのが特徴です。

 

その多の成分で最も多く配合されているのがフランスカイガンショウ樹皮エキス(フラバンジェノール)です。

 

そのほか保湿成分、美容成分が凝集され、安全な防腐剤フェノキシエタノールが配合されています。

 

シミトリーの配合成分をみる限り特別危険性がある成分は配合されておらず、どれも安心して使用できる成分であるのは間違いがなさそうです。

 

 

TOPページ:シミトリーの口コミ・効果はこちら>>