シミトリー(SimiTRY)は妊娠中・授乳中でも使用可能?

シミトリーは妊娠中や授乳中でも使えるの?

シミトリー 妊婦

シミが増えるタイミングと言えば妊娠・出産です。

 

妊娠中は女性ホルモンが増えるためメラニン生成がされやすく、シミが一気に増えた!と実感する妊婦さんは非常に多いです。

 

ホルモンの影響だから出産後は自然に薄くなる…と思いきや今度は加齢の影響でなかなか消えずに肌に沈着します。

 

また出産後は育児が大変でストレスや満足のいく肌ケアができず、そのまま放置しているとシミもシワもひどくなる一方。

 

気づいたらあっちにもこっちにもシミが目立ち、育児の疲れが後押しし一気に老け込んでしまうと憂鬱になってしまいますよね。

 

そんな鏡を見るたびに憂鬱になってしまうシミに、シミトリーは効果的でしょうか?

 

シミトリーは妊娠中や授乳中でも使えるのか調査しました。

シミトリーの安全性

妊娠中は授乳中は肌がデリケートな時期です。

 

この時期に刺激性がある化粧品を使用すると肌荒れの原因になるので避けたいところですが、シミトリーの安全性について調べたところ、シミトリーは肌に刺激を与えるパラベンなどの7成分は配合されていません。

 

シミトリーは敏感肌の方でも使用できる美白クリームなので妊娠中や授乳中でも安心して使用できるコスメと言えそうです。

 

無香料なので匂いに敏感な妊娠中の初期でも使用できます。

 

またオールインワンジェルなので子育てで忙しい時でもサッとケアは終わらせられるのにシミ、シワ、乾燥をこれ一つでカバーできるのも魅力です。

 

シミを撃退したい!と思うとハイドロキノンが配合された美白クリームを使ってしまおうかな…と思い立ちですが、ハイドロキノンは肌への刺激が強く、副作用が出てしまう可能性もあるのでこの時期に使用する美白クリームには不向きです。

 

またシミトリーはハイドロキノン誘導体とフラバンジェノールの相乗効果によってハイドロキノンよりも安全性が高く、かつハイドロキノンよりも高い美白効果を発揮します。

 

つまりハイドロキノンよりもシミトリーを使ってシミやそばかすケアしたほうが安全でかつ効果も期待できるんです。

妊娠中や授乳中のシミ・そばかすケアならシミトリー

妊娠中に増えたシミは出産後、綺麗になりたい!という気持ちとは裏腹に消えることなく気になるメラニン沈着として肌にいすわります。

 

紫外線対策は当然ですが、子育て中でも無理なく美白ケアしたい!という型は美白効果が非常に高いシミトリーを使ってくださいね。

 

 

TOPページ:シミトリーの口コミ・効果はこちら>>