シミトリー(SimiTRY)は肝斑を消せる?

シミトリーは肝斑も薄くしてくれる?

シミトリー 肝斑

シミと同様、女性の悩みとして深いのが肝斑です。

 

肝斑は両頬左右対称にできるシミが特徴で女性ホルモンの影響によって出てきてしまいます。

 

ではシミトリーで肝斑のケアは可能でしょうか?

肝斑の原因と治療法

原因

肝斑の原因は主に女性ホルモンが関係しています。

 

妊娠、ピル、更年期障害によるホルモンバランスの乱れによってできしまうケースが多いです。

 

また直接的な原因ではないものの、シミと同様、紫外線の影響によってメラニンが過剰生成されるのも肝斑の原因に関わっていると考えられています。

 

したがって紫外線対策も肝斑の治療に含まれます。

治療法

肝斑の治療方法はいくつかあり、トランシーノ(トラネキサム酸)を服用する、ハイドロキノンを幹部に塗る、レーザー治療などが挙げられます。

トランシーノを服用する

トラネキサム酸が配合されたトランシーノはメラニン生成抑制効果があり、メラニン色素を発生させないことで肝斑ができないようにする薬です。

ハイドロキノンを塗布する

ハイドロキノンもトランシーノ同様メラニン生成抑制効果があり、幹部に塗布することでシミの素をなくします。

レーザー治療を受ける

昔は肝斑の治療にレーザー治療が行われていましたが、今はレーザーの刺激が肌に負担をかけ、さらにメラニン生成を過剰にさせてしまう可能性があるためレーザー治療は行われなくなりました。

 

しかし、医療の進歩のともに肌に負担をかけないレーザー治療法も出るようになり、今ではレーザーで肝斑を治療する美容クリニックも存在します。

シミトリーの肝斑への効果は?

シミトリーはハイドロキノン誘導体とフラバンジェノールの相乗効果でメラニン生成にストップをかけます。

 

つまり、直接的な肝斑治療ではありませんが、肝斑の原因となるメラニンの色素沈着を抑制することは可能です。

 

レーザー治療を受けるのが怖い、市販の美白クリームを使っても肝斑が消えないという方は継続購入の必要がないシミウスを使ってみてもいいかもしれません。

 

肝斑は継続することが大切な美白クリームなので、レーザーとは異なり費用も安く、肌に負担をかけずに美白ケアができます。

 

肝斑が気になりだしたらシミトリーのような美白クリームを使ってくださいね。

 

 

TOPページ:シミトリーの口コミ・効果はこちら>>