シミトリー(SimiTRY)の保湿

シミトリーの保湿はこれ一つで大丈夫?

シミトリー 保湿

シミやシワに人気があるコスメでも、やっぱり気になるのが肌の乾燥ですよね。

 

どんなに効果な美白成分が配合されていても、使っていて肌の乾燥を感じるとイマイチかも…と感じてしまうもの。

 

特に年齢肌に乾燥は大敵なので、保湿性は重要です!

 

そこでシミトリーで保湿効果はしっかりと得られるのか、チェックしてみました。

 

シミトリーの水分保持力

シミトリーはシミ、シワ、乾燥に強いオールインワンジェルとして人気があります。

 

特に保湿に関してどのような工夫がされているかチェックしたところ…

球状ラメラ構造採用

肌の保湿構造はラメラ構造といって脂質を保有する層と水分を保有する層が交互に並んでいるのが特徴です。

 

シミトリーはこのラメラ構造の中により深く浸透していくためにSimiTry技術で球状ラメラ構造を採用しています。

 

 

角質層の奥まで浸透するので保湿性が保持されやすいのが特徴です。

 

このラメラ・シンクロム処方のジェルは界面活性剤クリームを塗布した時と比較し2時間後では浸透性が2倍、水分保持力が1.5倍あります。

 

 

つまり普通の保湿クリームを塗布した時と比べ、これだけの水分保持力が期待できます。

 

さらに保湿成分としてセラミド、オリブ油、スクワランも配合されているので角質に浸透した成分が、外に逃げないように保護する効果も期待できそうです。

 

シミトリーの独自技術を見ると、保湿に関しては力を入れていると言えそうですね。

 

ただシミトリーはこれ1つでケアが完了するオールインワンジェルなので、人によっては肌に乾燥を感じてしまう可能性があります。

 

その場合はお手持ちの化粧水を足して混ぜてみたり、シミトリーを塗布後乳液を上から足すのも乾燥対策として有効です。

 

シミトリーは14日以内なら返金保証制度が利用できるので、お試しで購入して実際に使い、肌の保湿性をみて見ても良さそうです。

 

TOPページ:シミトリーの口コミ・効果はこちら>>